外国語の翻訳は会話と文章では別次元だと思ってもいいかも知れません。英語での会話の通訳はなんとかなっていたとしても、文章の翻訳ともなりますと、ものすごく頭を使っているような感覚になりますからね。

私の場合はちょくちょく英語の翻訳を仕事として受けているのですけれど、英語の訳で悩むというよりは日本語をどう作っていこうか悩みますからね。ですからひとつの段落を翻訳してみて、そして全体を通して翻訳文を読み直した時に、なんかしっくりとこなかったらまた頭から翻訳元の英語文を読んで、そして日本語の翻訳文を改めて推敲したりもしますからね。

まあ私レベルの翻訳家であっても、そのぐらいに日本語に訳すのは頭を使っているということですよ。というよりも、私レベルの翻訳仕事ですから、頭を悩ませているのかも知れませんね。これで翻訳で生計を立てている人となりますと、数をこなしていることでしょうし、私よりもキレイな文章が書けることでしょうから、そこまで悩みはしないものなのかも知れませんが。

けれどもまあ、苦労はしますけれど、しかし翻訳文を満足いくものに完成させた時にはものすごく達成感がありますね。ですからこそ、ついつい次の仕事も受けてしまうのですけれど。和訳文を作っている最中は「もう翻訳仕事は受けない!」なんて思っていたりもするのですが。